本文へスキップ

メールでのお問い合わせは
 info@kazenoko-circle.com

風の子通信 「少し昔のこと」もくじ


    

3月号 新聞紙 2020年3月16日更新

 
 私が子どものころ、新聞は1枚(4面)でした。1面2面は世の中の大事なニュース3面は庶民の出来事でした(今でも庶民の出来事は3面記事と言います)。当時世の中のニュースを知らせてくれるのは、テレビはありませんでしたから
・・・続きを読む

2月号 七五調


前回「百人一首」でも書きましたけれど、日本人は七五調の言葉がしっくりくるのでしょうか、覚えやすいのでしょうか、なんでも七文字や五文字にして覚えようとします。平城に都ができたときを「納豆(710)食って、奈良に行こう」と覚えたり、桓武天皇が都を京都に移した年を・・・続きを読む
   

1月号 百人一首 

   
   お正月の遊びの中でも、ちょっと高級感のある「百人一首」、子どもの遊びというより、大人の遊び、若者の遊びといったほうがいいかもしれません。私の育った家は8人家族、それにお正月は叔父叔母の家族も一緒に過ごしますので、みんなで百人一首を楽しみました。・・・続きを読む



12月号 家を立てる 2019年12月16日更新

  大人になってからの私に昔ばなしを400話も聞かせてくださった遠藤登志子さんは、昔ばなしだけでなく、昔からの言い伝えやことわざやおまじないなど、いろいろなことを教えてくださいましたけれど・・・続きを読む



11月号 七五三


  

11月といえば七五三、ひと昔前は10月になると、デパートや呉服屋さんに七五三用の着物や飾り物などが並びました。今は10月になる前からカボチャやら魔女やらのハロウィーン用品が並んでいます。・・・続きを読む



10月号 漢字

 
 「秋の夕日に照る山もみじ」と歌にあるように、色鮮やかなモミジの紅葉は夕日に映えて、一段と美しくなります。私は福島に住んでおりましたから、11月下旬、・・・続きを読む
   

9月号 漢字


 国語改革というのは知識層にはあまり良い評価はされませんでしたが、私はとてもよかったと思っています・・・続きを読む


8月号 暑い

夏は暑く、冬は寒く、春夏の温暖な季節がたっぷりある、というのが日本の気候に対する「褒め言葉」でした。そのけじめのある日本の気候はどこへ行ってしまったのでしょう。・・・続きを読む
    

7月号 泳げない私

教育方針イメージ

私は子どものころ、海はもちろん湖も大きな川もない山奥の町で育ちました・・・続きを読む




6月号 日本語よりカタカナ語

目標イメージ

 「せっつぶ〜ん」という話をしたとき「鬼を退治しようと思った和尚様は、庫裏(くり)に行って豆を…」と語ってから、子どもたちには庫裏がむずかしいかもしれないと思って「庫裏っていうのはお寺の台所のことよ」と説明したら「台所ってなに?」と訊かれ「キッチンのこと」と言ったらわかってもらえました・・・続きを読む
 
  

5月号 一品持ち寄り

目標イメージ

 今は女性も気軽に喫茶店に入ったり、食堂に入ったりします。しかも1人で入る人も多くなりました。私が若い頃は家族でとか、男の人と一緒に入るのでなければ、喫茶店にも入れませんでした・・・続きを読む



4月号 名前

目標イメージ

 4月、私の手伝っている幼稚園にも新しく園児が入ってきました。名簿を見ると読めない名前が多いのです・・・続きを読む





information

風の子サークル

メール
info@kazenoko-circle.com