本文へスキップ

メールでのお問い合わせは
 info@kazenoko-circle.com

風の子通信 「少し昔のこと」もくじ

    

2020年9月号  姓 2020年9月27日更新

    
 今回は私事で恐縮ですが、いま新聞やテレビでも取り上げられている夫婦別姓のことを書いてみようと思います。私は結婚するとき(60年も前の話です)、旧姓から藤田に変わるのがいやでした。旧姓は大矢です。23年間その名前でしたから、大矢姓に愛着もあったのですが、愛着より、どうして女が・・・続きを読む



2020年8月号  おむつはずし



 私が子育てをしていた頃、おむつは浴衣のお古などで作りました。おむつカバーは目の詰まったような古いセーターで作りましたが、いくら目が詰まっているといっても、大量のオシッコは無理なので、1回ごとにカバーも替えていました
・・・続きを読む



   

2020年7月号「なんとなく」言葉に騙される

 
 前回書きましたように、コロナ関連の言葉がみなカタカナ語で、なんだかよくわからないまま「なんとなく」わかったような気にさせられていました。もしかしたら、これは為政者やマスコミのエライ人たちの思いやりで、
・・・続きを読む




2020年6月号 コロナとカタカナ語

   
 コロナのことを国民に知らせる役割の新聞やテレビなど、きちんと知らせたいと思ったら、もう少し親切に日本語でわかりやすく伝えてほしいと思っています。クラスターと言わずに「感染者集団」とか「集団感染」と言ってもらえれば・・・続きを読む
  

2020年5月号 不自由な生活 


 新型コロナというウイルスがはびこり、2月末から私たちの生活も、あれこれ制限されました。マスクをしろ、移動するな、居酒屋などに立ち寄るな、これは国からの「命令」ではなく「要請」ですけれど、それが命令になったら恐ろしいと思います。・・・続きを読む
   

2020年4月号 女性も選挙に

   
 今の若い方には信じられないかもしれませんが、戦争が終わるまで、政治は男だけのもので、私の母には40歳を過ぎるまで選挙権がありませんでした。女が結婚するには・・・続きを読む

   

3月号 新聞紙 

 
 私が子どものころ、新聞は1枚(4面)でした。1面2面は世の中の大事なニュース3面は庶民の出来事でした(今でも庶民の出来事は3面記事と言います)。当時世の中のニュースを知らせてくれるのは、テレビはありませんでしたから
・・・続きを読む

2月号 七五調


前回「百人一首」でも書きましたけれど、日本人は七五調の言葉がしっくりくるのでしょうか、覚えやすいのでしょうか、なんでも七文字や五文字にして覚えようとします。平城に都ができたときを「納豆(710)食って、奈良に行こう」と覚えたり、桓武天皇が都を京都に移した年を・・・続きを読む
   

1月号 百人一首 

   
   お正月の遊びの中でも、ちょっと高級感のある「百人一首」、子どもの遊びというより、大人の遊び、若者の遊びといったほうがいいかもしれません。私の育った家は8人家族、それにお正月は叔父叔母の家族も一緒に過ごしますので、みんなで百人一首を楽しみました。・・・続きを読む



12月号 家を立てる 2019年12月16日更新

  大人になってからの私に昔ばなしを400話も聞かせてくださった遠藤登志子さんは、昔ばなしだけでなく、昔からの言い伝えやことわざやおまじないなど、いろいろなことを教えてくださいましたけれど・・・続きを読む



11月号 七五三


  

11月といえば七五三、ひと昔前は10月になると、デパートや呉服屋さんに七五三用の着物や飾り物などが並びました。今は10月になる前からカボチャやら魔女やらのハロウィーン用品が並んでいます。・・・続きを読む



10月号 漢字

 
 「秋の夕日に照る山もみじ」と歌にあるように、色鮮やかなモミジの紅葉は夕日に映えて、一段と美しくなります。私は福島に住んでおりましたから、11月下旬、・・・続きを読む
   

9月号 漢字


 国語改革というのは知識層にはあまり良い評価はされませんでしたが、私はとてもよかったと思っています・・・続きを読む


8月号 暑い

夏は暑く、冬は寒く、春夏の温暖な季節がたっぷりある、というのが日本の気候に対する「褒め言葉」でした。そのけじめのある日本の気候はどこへ行ってしまったのでしょう。・・・続きを読む
    

7月号 泳げない私

教育方針イメージ

私は子どものころ、海はもちろん湖も大きな川もない山奥の町で育ちました・・・続きを読む




6月号 日本語よりカタカナ語

目標イメージ

 「せっつぶ〜ん」という話をしたとき「鬼を退治しようと思った和尚様は、庫裏(くり)に行って豆を…」と語ってから、子どもたちには庫裏がむずかしいかもしれないと思って「庫裏っていうのはお寺の台所のことよ」と説明したら「台所ってなに?」と訊かれ「キッチンのこと」と言ったらわかってもらえました・・・続きを読む
 
  

5月号 一品持ち寄り

目標イメージ

 今は女性も気軽に喫茶店に入ったり、食堂に入ったりします。しかも1人で入る人も多くなりました。私が若い頃は家族でとか、男の人と一緒に入るのでなければ、喫茶店にも入れませんでした・・・続きを読む



4月号 名前

目標イメージ

 4月、私の手伝っている幼稚園にも新しく園児が入ってきました。名簿を見ると読めない名前が多いのです・・・続きを読む





information

風の子サークル

メール
info@kazenoko-circle.com